ほくろやシミがあっても安全に脱毛器を使えるの?どう脱毛する?

脱毛器で脱毛をすると、カミソリやブラジリアンワックスに比べて安全性が高く、痛みが少ない脱毛が可能です。
ほくろやシミ、傷があっても大丈夫なのかと疑問に思われる方もいると思います。

そんな方に実際に使用してみての感想、ほくろ等への対処をご紹介していきます。

ほくろやシミで痛みはあるの?

ほくろやシミ、傷に照射すると痛いのか気になりますよね。
脱毛器の使用においてほくろやシミ、傷の関係で注目するべきなのは、黒色色素に反応をしているということです。

ほくろなどはだいたい黒いですが、脱毛器は黒色の部分に照射されていますので、毛に照射すべき光、レーザーがシミに当たることになります。
そして、脱毛器の光がほくろやシミ、傷に光やレーザーが照射されると熱さ、痛みを感じます。
最悪の場合にはやけどをしてしまうこともあります。

脱毛器は光やレーザーを直接肌に照射しますが、出力レベルが上昇すると熱量が増加して、お肌への熱さ、ダメージが強くなるのです。
肌色の部分も熱さを感じる出力レベルで照射した場合には、黒色色素の塊であるほくろやシミは熱さや痛みを感じやすくなります。

傷への照射はおすすめしません。
後述する方法のようになるべく照射しましょう。

ほくろへの対処法は?

サロンや医療脱毛ではホクロの対処も施術側がしてくれます。
問題は特に起こりません。
プロの方は実際にほくろなどにどんな対処をしているのかご紹介します。

サロンや医療機関ではプロが判断すべきです。
脱毛ができる場所は、脱毛サロンと医療機関になります。

最大の違いは脱毛期間です。
安心面では医師がいるかいないかですね。

脱毛サロンというとキレイモや銀座カラーが代表的ですが、医療脱毛は湘南美容外科などです。
どちらも大手ですので、よく目にすると思います。

サロンによっては、脱毛字に専用シートをほくろに貼って照射するようです。
また、本当に小さい、色素が薄いほくろやシミに対しては、そのまま脱毛器を使用できます。
サロンはエステティシャン、医療機関は医師や看護師が施術しますので、判断もとても正確です。
ほくろに照射しても安心なのです。

家庭用脱毛器は基本的にエステなどで行う機器よりも照射の出力は低く設定されています。
ほくろやシミに照射したとしても、通常の使用方法をマモているのであれば跡がのこってしまったり、傷ができることもありません。

コメント