家庭で使える脱毛器ってどんな種類があるの?どう分類されてるの?

脱毛器で多く出回っているものんとして、種類は3種類です。

3種類というのは、フラッシュ脱毛器、レーザー脱毛器、サーミコン式(熱線式)の除毛器です。
どの脱毛器にもメリットがあります。
しかし、同時にそれぞれの脱毛器に注意しなけばいけないこともあります。
それでは、それぞれの脱毛器の選び方のポイントや注意点をチェックしていきましょう。

・脱毛器の選び方
まずはカートリッジの寿命に注意してください。
家庭用脱毛器でこのタイプを購入した方も多いと思います。
ケノンなどは家庭用フラッシュ脱毛器の代表格です。
使うことできれいに仕上がりなりますので、効果も実感できるでしょう。

フラッシュ脱毛器を購入する時の注意点は、本体価格が他の脱毛器と比べると高いです。
そしてカートリッジは消耗品ですので、カートリッジの寿命を確認して、購入してください。

脱毛器のコスパ

脱毛器の寿命やコスパについてご紹介します。
ケノンの場合、本体価格が高いものの、カートリッジの使用回数が最大13万発です。
多いので長い目で見るとコスト的にケノンを選ぶという人が多いです。
そのため、本体価格、そしてカートリッジの使用回数を比較して選ぶようにしてみてください。

また、照射範囲に注意してください。
フラッシュ脱毛器よりレーザーのほうが効果が現れやすいといわれています。
そのため、そうすることで購入する人は多いです。

仕上がりの効果もありますので、根強い人気があるものの、効果があるだけに痛みを感じやすい人が多いです。
照射範囲も狭いので注意が必要です。
1cm×1cmなのでかなり回数を多めに照射する必要があります。
また、時間がかかると言う点があります。

レーザー脱毛器で人気があるのがトリアです。
ただ、デザインの設計上、長時間手に持って処理をすると腕が疲れてしまうかもしれません。
脱毛器は何回も使うものですので、持ちやすさや持った時に重くなりすぎないのも重要になります。
重すぎないかも脱毛器選びでは重要なポイントになってきます。

サーミコン式脱毛器に注意

サーミコン式脱毛器に注意してください。
サーミコン式と言えばノーノーヘアが有名です。
脱毛器と公式では謳っているところもあるのですが、実際は脱毛器のような役割は果たしてくれません。

サーミコン式という物は熱の力を利用し、ムダ毛を焼きます。
そのため、処理をすることによって毛が焼けるようなにおいがすることもあります。

コメント