脱毛器で脱毛する時に痛みや炎症を未然に防ぐにはどうすれば良いの?

家庭用脱毛器で多くの機種は照射する前に患部を冷やします。
患部を冷やすことで照射時の痛みを緩和できます。

冬に手足がかじかんだ時などには感覚が麻痺してしまいますが、それと同じです。
皮膚が冷えると厚さ、痛みを感じにくくなるのです。

脱毛器を使用する際も同じです。
ほくろやシミ、傷の部分をよく冷やすことによって照射時に痛みを緩和することができます。薄めのホクロやシミへの照射は通常の肌に照射する時よりも、脱毛器の光が反応しやすいですので、痛みが出やすくなるのです。
例え痛みが出てもしっかりと冷やしていれば、痛みを最小限に抑えられます。
手軽にやるならほくろやシミ、傷を避けて脱毛します。

一番簡単な方法は照射時にほくろなどをできるだけ避けるようにして照射することです。
家庭用脱毛器は自分で肌に機器を当てて照射しますので、目視でほくろがあるところを避けるというのは十分です。

メリット・デメリット

ほくろなどに照射の光があたらないので痛みがありません。
用意するものなどがないため手軽です。

デメリットは、ほくろやシミ、傷の周りの毛は脱毛が雑になってしまいます。
脱毛器によっては、ほくろなどを避けて照射するのに技術も必要です。
特別道具などを用意する必要がないためにすぐに使用できます。
目視でホクロなどに当たらないように脱毛器をずらしつつ照射するだけですのでとても簡単です。

トリアなど照射範囲の狭い機種であれば簡単ですが、ケノンなどといった照射範囲の広い機種では少し難しいこともあります。
該当箇所の周辺の脱毛がおろそかになってしまうこともあります。

ハンカチでほくろやシミを覆ってしまう

ハンカチなどでほくろやシミなどを覆うようにします。
もっとも手軽にできるのが、シミなどの該当箇所にハンカチ等で覆うということです。

ほくろなどに照射しない方法であれば、照射時に気を配らなければいけません。
これであれば、万が一該当部分に照射してしまったとしても覆っているハンカチ、布で遮断されるので、熱さや痛みを感じにくくなります。

大きなシミや傷がある人でも、これなら照射時に気をつける必要がなくなります。
ただし、あまり出力が高いと、ハンカチやタオルの下であっても熱さを感じることもあります。
事前に冷やしたり、ハンカチを2枚にするなど工夫が必要になります。

メリットですが、ほくろなどに照射の光があたらないため、痛みがありません。
万が一照射してしまっても、痛みや熱さを感じにくくなります。
その場にあるもので手軽に覆うことができます。

コメント