脱毛器の種類は?フラッシュ式・レーザー式の特徴的な違いとは?

フラッシュ式・レーザー式の特徴的な違いについてチェックしていきましょう。
家庭用脱毛器の代表と言えばフラッシュ脱毛器、そしてレーザー脱毛器の2種類だと思います。
どちらも効果はあるものの、どのように違うのか疑問に思われると思います。
どちらを選んだら良いのか迷った人も多いはずです。

そこで、今回はフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器でどのような違いがあるのかをご紹介します。

フラッシュ式脱毛の仕組み

フラッシュ式脱毛器の仕組みをチェックしていきましょう。
家庭用脱毛器の代表と言えばフラッシュ脱毛器と、レーザー脱毛器の2種類です。
フラッシュ脱毛は脱毛サロンで行っている光脱毛と種類は同じです。
脱毛器で採用されているのはIPL脱毛です。
あまり聞きなれない言葉かと思いますが、IPLというのは光の種類になります。

この光はメラニン色素に反応する光です。
ムダ毛にはメラニン色素が入っているので黒い毛が生えてきています。
光を照射する事によって、ムダ毛のメラニン色素に対して直接アプローチします。

毛根部分にももちろん効果がありますし、毛根成分を破壊する事によって脱毛していきます。
すぐには抜けないで1週間ぐらいでするっと抜け落ちていきます。

フラッシュ式を実際に使ってみた

フラッシュ式脱毛器私が実際に使用してみた感想をご紹介します。
フラッシュ式を使用した感想をご紹介します。

5レベルと10レベルでは、だいぶ音の大きさも違ってきます。
熱さや痛みもまた違ってきます。
細かくレベル調整ができますので、レベル10で痛みを感じるのであれば、レベル8などに下げてみてください。

美顔カートリッジ、脱毛カートリッジどちらもレベル調整ができます。
そのほかの脱毛器と比較をすると効果のありそうな照射オンです。
ちょっと焦げ臭いニオイがします。

効いている感がありこの臭いは脱毛したい方にとって効果の証明でもあります。
レーザーと比べるとだいぶ痛みがないのでやりやすく、照射も苦痛ではないでしょう。

口コミだとあたってるのかあたってないのかわからないくらいに痛みが少ないというものもあります。

チクッと痛みを感じることもありますし、風邪が勢いよくあたっているような感覚の時もあります。
ぼわっと熱い風がピンポイントでお肌にあたるときもあります。

大半のところは痛くありませんが、時々痛みを感じることもあります。

Datsumo Labo Home Edition(脱毛ラボホームエディション)

コメント